電子回路研究会は、電気学会・電子回路研究専門委員会が企画している研究会です。 電子回路の研究成果や最新の技術情報の交換などを 通じて電子回路技術者の交流をはかる場であり、 数式だけでなくトランジスタなどの回路図が出てくる、 電気学会の会員でなくても誰でも参加できる、 他に例をみない独特の研究会として、非常に大きな成果を挙げて参りました。 これもひとえに皆様方のおかげと感謝しております。

研究発表内容は、電子回路に関することならばどのような内容でも結構です。 たとえば、新しい回路の提案、回路の改良、開発失敗例、 問題提起、・・・等、理論面だけでなく、現場でのドロ臭い話題等、 ご自由にお考えください。

予稿6枚までのセッションAのほかに、 より気軽に発表できるセッションBも予定しています。Bでは未完成のアイデア、 提案、論文にできない失敗例、タイムリーな話題等々、 論文の形にまとまらないような内容をお気軽な形でご発表していただく場とお考えください。 ご講演申し込みの際にA、Bの指定をしていただければ幸いです。 原則、A講演では25分、B講演では20分(質疑応答5分を含む)でお願いしております。

電気学会会員以外の研究発表、ご参加も歓迎いたします。 研究会参加は無料(資料集は有料)です。

論文募集

2016年10月の研究会論文募集
  • 開催: 2016年10月6日, 7日 (予定)

  • 場所: 富山県民会館 3階301号室

  • テーマ: 電子回路一般

  • 講演申込締切: 2016年8月8日

講演申込みに関するお願い

開催案内

2016年6月9日, 10日 (山形県)

開催
2016年6月9日, 10日
場所
鶴岡市庄内産業振興センター マリカ東館 第1研修室
鶴岡市先端研究産業支援センター(鶴岡メタボロームキャンパス)会議室
テーマ
電子回路一般

過去のプログラム

研究会資料の購入方法

よくある質問

Q: 参加資格はありますか?

研究会・シンポジウムのいずれも、どなたでも参加できます。 時折、「聴講」とおっしゃる方がいますが、ご「参加」願います。 研究会は、どなたでも発表できます。 電気学会の会員である必要はありません。

Q: 参加申込みは必要ですか?

事前の手続きは必要ありません。当日会場で受付をお済ませください。 研究会後に懇親会が企画されている場合、事前登録のご案内を差し上げる場合があります。 出席を希望される場合は、指示にしたがって事前登録ください。

Q: 参加費用はいくらですか?

無料です。但し、資料集、懇親会参加は有料です。

Q: 研究会(電子回路一般:特定テーマなし)で発表する申込の方法は?

申し込み締切日までに、電気学会の申し込みシステムより手続きください。 発表受付中の研究会は、本ページに申し込みシステムへのリンクがあります。

Q: セッションA/Bとは何ですか?

想定する予稿の分量と時間に違いがあります。セッションAは通常の論文発表、 セッションBは、未完成のアイデア、提案、 論文にできない失敗例、タイムリーな話題等々、 論文の形にまとまらないような内容をお気軽な形でご発表して頂く場とお考えください。
A:予稿原則6枚以内 発表20分、討論5分
B:予稿2〜4枚程度 発表15分、討論5分

Q: 発表申込までに原稿が必要ですか?

申込時には原稿は不要です。 申込後、電気学会事務局より電子メール等で、 原稿締切日や執筆要項等が連絡されます。

Q: 電子回路研究会の英語名称を教えてください

「Technical Meeting on Electronic circuits」です。

Q: 電子回路研究会の論文を英文の参考文献等として引用する時の表記を教えてください

「Papers of Technical Meeting on Electronic circuits, ECT-○○-○○, IEE Japan」としてください。 ○○-○○には、研究会資料の番号が入ります。

問い合わせ

お問い合わせは下記宛にお願いいたします。

幹事:傘 昊
〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 知識工学部 情報通信工学科
E-Mail:

This page was created on Apr. 16, 1997 by Dr. Akira Hyogo.
Copyright (c) 1997-2016 (一社)電気学会